Go to content Go to navigation Go to search

子供の身長を伸ばす方法では運動が大切

8月 21st, 2011 by admin

子供の身長を伸ばす方法では、適度な運動が大切です。
激しすぎる運動では、骨や筋肉に過度な圧力がかかってしまうため、
逆に身長が伸びなくなってしまう恐れがあります。

したがって、激しすぎず、縦に圧力がかかる運動をすると良いでしょう。
具体的には、バレーボールやバスケットボール、縄跳び、ジョギング、バレエ、
ストレッチなどの運動が大変おすすめです。
逆に、重量挙げやマラソンなどの体への負荷が大きい運動は避けるようにしましょう。

ただし、バレーボールやバスケットボールなどの運動でも、
子供が嫌っている場合はおすすめできません。
好きでもない運動をするということは、ストレスが溜まり、
子供の身長を伸ばす方法には逆効果になりえますので、あくまで好きな運動をさせるように心がけてください。

激しい運動は、身長の伸びが止まる高校生頃からはじめると良いでしょう。

また、日ごろから姿勢を良く保つことも子供の身長を伸ばす方法では効果的ですので、
ぜひ実践してみてください。


運動と子供の身長を伸ばす方法の関係について

8月 20th, 2011 by admin

子供の身長を伸ばす方法では、適度な運動が非常に重要な要素となっています。
運動すると筋肉がついて、背が伸びなくなるのではないかと心配されている方もいらっしゃるかと思いますが、
それは運動を過度に行なった場合です。

適度な運動は、骨が伸びるもととなる骨端腺に刺激を与えますので、
子供の身長を伸ばす方法には欠かせないといえるでしょう。

子供の身長を伸ばす方法では、骨がまっすぐ成長するように、筋肉を適度に鍛えることも大変重要です。
つまり、適度に筋肉に刺激を与えて、体幹を鍛えることで良い姿勢が維持できるようになれば、
効率的に身長を伸ばせるようになります。
さらに、筋肉を鍛えることで、より多くの成長ホルモンの分泌を促進することができるのです。

また、運動をすれば食欲が増進しますので、十分な栄養素の摂取が可能となります。
もちろん、適度な運動は睡眠の質の改善にもつながるため、成長ホルモンを最大限分泌できるようになるでしょう。


子供の身長を伸ばす方法では睡眠が重要

8月 19th, 2011 by admin

子供の身長を伸ばす方法で重要な要素のひとつとして、十分な睡眠があげられます。
しかしながら、近年の日本では塾の宿題が増えたり、ゲームをしたりすることで、
睡眠時間が減少している傾向にあります。

睡眠時間が不足するということは、成長ホルモンが分泌される量も減ってしまいますので、
子供の身長を伸ばす方法においては天敵といえるでしょう。

ちなみに、子供の身長を伸ばす方法で理想の睡眠時間は、小学校中高学年の男子で8時間43分、
中学生男子で7時間51分、高校生男子で6時間54分、小学校中高学年と中学生女子で9時間程度、
高校生女子で8時間程度だといわれています。

また、睡眠の質を高めるということも、子供の身長を伸ばすうえで非常に大切です。
寝汗をかいても気持ち悪くならないように、通気性の高い布団を使用したり、
適度に柔らかい枕を使用したりすることも大変有効といえるでしょう。

もちろん、寝る直前に食事を採るということは、睡眠が浅くなる原因になりますので、
避けるように心がけてください。


睡眠と子供の身長を伸ばす方法の関係について

8月 19th, 2011 by admin

よく「寝る子は育つ」という言葉を耳にしますが、子供の身長を伸ばす方法においては、
まぎれもない事実となっています。
その理由は、寝ている間に成長ホルモンが分泌されるためです。

成長ホルモンとは、体が成長したり、傷んだ筋肉などを修復したり、
疲労を回復ために必要なホルモンで、起きているときにはほとんど分泌されることがありません。

したがって、子供の身長を伸ばす方法では睡眠をしっかり取るということが大切なのですが、
睡眠の時間帯も非常に大切です。
成長ホルモンが最も多く分泌されるのは、深夜0時から午前3時頃だといわれています。
つまり、深夜0時から午前3時頃には、深く眠っていることが重要なのです。

睡眠時間が不規則になったり、生活習慣が崩れたりすると、
成長ホルモンの分泌自体が減少してしまいますので、睡眠と子供の身長を伸ばす方法においては、
毎日決まった時間に就寝して、決まった時間に起床することが大切だといえるでしょう。



子供の身長を伸ばす方法で必要な栄養素

8月 18th, 2011 by admin

子供の身長を伸ばす方法で特に重要な栄養素とは、タンパク質・カルシウム・マグネシウム・亜鉛です。

まず、背が伸びるということは、骨が成長することだということを忘れてはなりません。
骨はたんぱく質をもとにして作られますが、たんぱく質だけでは強度のない骨になってしまうため、
骨を強くする働きを持つカルシウムも同時に摂取する必要があります。

また、マグネシウムは骨の弾力を調整する働きがあり、健康な骨を維持するためには欠かせない栄養素です。
亜鉛についてはあまり知られていませんが、たんぱく質の生成を促し、
骨の成長を助ける働きがありますので、子供の身長を伸ばす方法では必要不可欠な栄養素といえるでしょう。

子供の身長を伸ばす方法では、特にタンパク質・カルシウム・マグネシウム・亜鉛の摂取が重要ですが、
そのほかにもビタミンDやビタミンK、銅、マンガン、ビタミンC、鉄、ビタミンB12、ビタミンB6を摂取することで、
より効果的に身長を伸ばすことができるでしょう。


栄養摂取と子供の身長を伸ばす方法の関係について

8月 18th, 2011 by admin

子供の身長を伸ばす方法のひとつの要素として、バランスの良い栄養摂取があげられます。
これを食べれば必ず背が伸びる、という食べ物はありませんので、
限られた食品のなかからいかに栄養を摂取するかが、子供の身長を伸ばす方法のポイントとなるのです。

たとえば、子供の身長を伸ばす方法で必要な栄養素のひとつに、タンパク質があります。
タンパク質は卵や肉類に多く含まれていますが、過剰に摂取すると、コレステロール値が上がり、
健康に危険を及ぼしてしまうため、適度に摂取するということが重要です。

また、ほとんどの方がご存知の通り、子供の身長を伸ばすためにはカルシウムの摂取も大切です。
カルシウムを手軽に摂取できる食品としては、牛乳が有名ですが、
飲みすぎると肥満体型になってしまう恐れがありますので、注意しなければなりません。

もちろん、子供の身長を伸ばすために必要な栄養素は他にもたくさんあるため、
日ごろの食事から栄養バランスを考えて作るということが求められます。

 


子供の身長を伸ばす方法とは

8月 18th, 2011 by admin

子供の身長を伸ばす方法では、バランスの良い栄養の摂取、十分な睡眠、
適度な運動が重要だといわれています。

親の身長が低いから、自分の背も伸びないだろうと考えていらっしゃる方も多いかと思いますが、
遺伝子だけで背が伸びないとはいえません。
医学博士として活躍している小川登志子先生によると、
むしろ後天的な要素が大きく影響しているとしています。

近年では、カップラーメンなどのインスタント食品が普及したことにより、
子供の栄養不足は深刻な問題です。
また、パソコンやゲームなどが流行していることで運動不足に陥言ってしまっている場合や、
十分な睡眠が取れない環境にある場合があります。

したがって、子供の身長を伸ばす方法としては、
まず生活習慣から改善しなければならないといえるでしょう。

子供の身長を伸ばす方法を実践しても、100%背が高くなるというわけではありませんが、
何もしないよりはるかに背が高くなる可能性がアップしますので、ぜひ実践してみてください。



Ads by Sitemix